ホノボラン徘徊記

【シンガーソングライター】 東京で働く一般人 趣味多すぎるオタク

乏しくなった世の中

スマホで見るのは

・ヤフーニュース

・ヤフー天気予報

ヤフオク

が多い。

 

今回はヤフーニュースを見て思った事を。

ニュースを見るとトイレットペーパーの棚が空になっているとの報道。

 

オイルショックの際は中東戦争でペーパーの原材料の石油が少なくなりペーパーが無くなるとデマが出回り買占めが起きたとの事。

SNSがない時代、そのデマはどこから出たのか調べてみると

戦争で石油原価高騰、国が紙節約の呼びかけ、千葉のスーパーがチラシ広告に「(激安過ぎて)紙が無くなる!」と記載、、誤解=デマが生まれる、スーパーにデマを信じた主婦殺到、デマなのだが新聞記者が報道、全国に不安が広がる。

との事でした。

(Wikipediaさんありがと)

 

今回のトイレットペーパーが無くなるぞ〜のデマの広がりはとても早い。

発端はTwitterの発信だったようだ。

2/27 10:00に男はデマを発信。

2/28 の翌日にはスーパーからトイレットペーパーは消えた。

僅か1日である。

 

何を信じれば良いのか情報量が多く分からない、情報の多く乏しい世の中だ。