ホノボラン徘徊記

【シンガーソングライター】そしてラブライバー

炭鉱町から来た男、ヒッピーカルチャーの野郎ども

炭鉱町から来た少年は

サイズも全く合っていない服に帽子に靴で放浪した。

 

巨大なサーカスの一座のように各地を移動して聴いた人の人生を狂わせたヒッピーカルチャーバンドはTシャツにジーパン姿でずっと歌っていた。

 

ドサ回りのあの歌手もTシャツに楽なパンツ姿。

 

俺氏の服装は常にサイズの合っていない、シャツにパンツ…

そうです…オタクです爆