読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホノボラン徘徊記

【シンガーソングライター】そしてラブライバー

「誰も見てくれてなんかいない」を当たり前だと思おう

f:id:timersbolan:20170416000717j:image

 

友人と会い、話をして思った。

 

音楽活動は失敗しまくり修正をして、次の結果に繋げ、また修正するを繰り返すのだと。

 

野球は打率3割なら良いという。

防御率も2割前後が理想だ。

 

音楽も一緒だ。

 

音楽活動は「誰も聴いてくれていないんだ」と受け止め10曲歌いその内の3曲歌っている時に誰か一瞬足を止めるかで良いのではないか?

じゃないと、やっていけない。

だからみんな音楽を辞めていってしまうのではないか?

 

が、これだけは忘れないように俺氏は歌う。

「誰かの為に歌おう」

「明日食うのに困る状況なら俺氏はどんな行動をとるか?」

 

打率3割で行こうぜ。

強振ばっかで振っちゃいかんよ。

 

今日、会った友人とは結構長い付き合いになっている。

良き友人だよ本当に泣

因みにその友人はラブライバーでは無い。

それだけが残念だ笑

 


Twitter @bolanhono
https://mobile.twitter.com/bolanhono

 

YouTube
https://m.youtube.com/channel/UChl2rq9LwPdfDSb0-Qi3bTw