ホノボラン徘徊記

【シンガーソングライター】そしてラブライバー

日曜日から月曜日の深夜

f:id:timersbolan:20170312223401j:image

日曜日の深夜はなぜか物憂げというか寂しい気持ちによくなる。

 

東京でも夜の街には人が全くおらず駅前では朝までに何らかのイベント準備を終わらせる為に作業員と警備員の方が忙しそうにしている位。

 

f:id:timersbolan:20170312223757j:image

深夜は治安の悪いと言われる秋葉原ですら深夜は人が全くおらず少し怖い(まだ正常)。

唯一の救いはコンビニの灯と交通量の少ない道路で痛車所有の方達が集まり互いの車を見せ合う現場。

 

f:id:timersbolan:20170312224151j:image

f:id:timersbolan:20170312224240j:image

あの神田明神もやはり無人

日曜日じゃなければ酔っ払いがベンチでセルフ寝そべり人形して寝ているかもしれないが日曜日から月曜日の深夜は誰もいない事が多い。

ここでの唯一の救いはおみくじの機械が近寄ると軽快な音楽を聴かせる。

 

f:id:timersbolan:20170312224458j:image

UDX前も無人

昔のとあるウィル・スミス主演の映画の主人公の気持ちがわかる気がする…(軽症)

 

f:id:timersbolan:20170312224724j:image

深夜3:30

ホノカァァァァアアアア!!!!(重症)

 あ(察し)、俺氏が治安を悪くしているのか!?

 

結論、深夜徘徊は危険ですのでオススメしない。