読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホノボラン徘徊記

【シンガーソングライター】そしてラブライバー

お酒で反省する人生

f:id:timersbolan:20161207114854j:image

 画像は和歌山に住む方に教えて貰った那智の滝という壮大な滝。※画像はもちろんネットでの拾い画像。

 

酒を飲むと何故か交流的になるか攻撃的(パンク)になる。暴力は嫌いだ。

酒で思い出す映画が2つある。

先ずはクリント・イーストウッド監督主演の「許されざる者」、大体のあらすじはかつて女や子供を容赦無く殺した大悪党ウイリアム・マニーがいた。が、年老いたウイリアム・マニーは田舎でひっそりと暮らしていたがお金に困り賞金首を殺しお金を得る為にもう一度だけという条件で銃を手にする。物語で「もう酒は飲まない」と言っていたウイリアム・マニーが終盤に酒を飲み…

 

もう一つは「ハングオーバー」。あそこまでの2日酔いで記憶を無くすのは嫌だが酒を飲んで社交的になりたいと思わせてくれる映画。

 

結局はお酒を飲んで嫌な事を忘れたいのか?現実を見たくないのか?酒の力で自信のない自分を後押ししたいのか?子供には必要なかった。昔のゲームばっかりやってる子供の頃の自分よりはマシな気がするが子供の頃の自分が今の俺を見たら「なぁ、おっさん…何やってんだよ?バカだなぁ〜…僕は大人になってもお酒なんか絶対に飲まないね!」と言って俺が「うっせえ!ガキが!早く家に帰りな!」と言っているような気がする…きっとそうだな…。そんなベタ過ぎるSF映画のシーンをイメージする俺でした。